包茎手術計画

おすすめの包茎クリニックご紹介!傷跡が残らない安心安全の手術

包茎クリニックと泌尿器科の違い

最終更新日: 公開日:

clinic_01

包茎手術について調べると、包茎専門のクリニックと病院の泌尿器科で手術を受けることができることがわかります。

近くの病院で受けることができるなら、近くで受けた方がいいという人もいます。万が一手術後に何かあったときに、近くの方が安心という理由も大きいようです。

ですが、包茎クリニックと泌尿器科は全くの別ものです。

単純に、包茎を治したいだけなら、病院の泌尿器科でもかまいませんが、それ以外の部分を考慮するなら絶対に包茎クリニックで手術するべきです。

包茎クリニックと泌尿器科の違い

包茎クリニックと泌尿器科の違いをまとめます。

メリット デメリット
包茎クリニック ・手術後がキレイになる(手術したとわからないくらい)
・手術後のアフターケアの充実
・圧倒的な実績と評判
・手術料金が少し高い
・地域によっては近場にない
泌尿器科 ・保険が適用になる場合がある
・近場の病院で通いやすい
・手術後の見た目が悪い場合がある(ツートンカラー、傷跡が目立つ場合がある)
・手術後のアフターケアが手厚くない(有料になることがほとんど)

泌尿器科の特徴

泌尿器科は、尿路系や生殖器系など「下半身全般」の治療を幅広く行います。

じん臓・膀胱・前立腺・睾丸などの治療や手術も行うため、ペニス専門の外科ではありません。あくまでも目的は「症状を治すための治療」です。

そのため、美容外科的な考慮があまりなく、手術後のペニスのキレイさやセックスのときの感度の問題などは重要視していません。

もちろん泌尿器科の中にも、キレイで丁寧な手術をするところもありますが、そういった病院は少数派で、ペニスがツートンカラーになったり、セックスの感度が減少するなど、手術後の仕上がりに不満が残るケースもあります。

包茎クリニックの特徴

包茎クリニックは、ペニスの治療を専門としたクリニックです。

包茎・ペニス増大・EDなどを専門としていますが、治療後のペニスの見た目にこだわった治療をしてくることが一番の特徴です。

包茎手術をする人は、
・勃起できない
・痛みがある
・セックスできない
といった日常生活において支障がある人もいます。

ですがそれ以上に
・包茎が恥ずかしい
・包茎がコンプレックス
・彼女(パートナー)が嫌がる
といった、見た目や気持ちのコンプレックスを解消したくて手術をする人もいます。

見た目を気にしているのだから、当然、手術後にツートンカラーになったり傷跡が目立つなんてことはあってはならないことです。

包茎クリニックでは、「亀頭直下埋没法」「複合曲線作図法」など、傷跡や色の違いが一切目立たない手術法で包茎を治してくれます。

参考:包茎手術の種類・術式

また、ペニスのみを専門に扱っているので、ペニスの治療・手術に対する実績や評判は、泌尿器科とは比べ物にならないほどの実績数です。

失敗しない包茎クリニックの選び方

とは言っても、包茎クリニックを選んでおけばどこでも大丈夫というわけではありません。一部のクリニックでは法外な手術料を請求されるケースがあったり、傷跡が残ってしまうようなケースもあります。

参考:包茎手術の費用・料金の相場
参考:包茎手術のよくある失敗例

包茎手術で失敗しないためには

・有名大手のクリニックを選ぶ
・手術料金をケチらない

ということです。

有名大手のクリニックを選ぶ

傷跡が目立たない手術のためには、担当医師による手作業が必要です。どうしても技術や時間がかかります。

手作業の技術となると、手術の実績・評判が重要になります。有名大手のクリニックなら包茎手術を扱う実績数がダントツに違います。実際に手術する担当医師も経験を積んだ医師ばかりです。(上野クリニックは年間12,000人以上を対応)

手術料金をケチらない

傷跡の目立たない手作業の手術は、技術や時間がかかるためどうしても手術料金が高くなります。(といっても大体10万円前後でうけられますが)

多少料金がかかっても、上記でも紹介した「亀頭直下埋没法」か「複合曲線作図法」で手術してくれる包茎クリニックを選べば間違いありません。

また、クリニックまでの移動(交通費や労力)をケチるのもあまりよくありません。

包茎手術は1日で終わることだし、大事なペニスの手術です。評判と実績のあるクリニックで、傷跡が残らない手術を受けるために、多少の交通費などは考えないようにしましょう。

包茎手術は安心・安全に受けられるものです

包茎手術は、外科手術の中でも簡単な術式なので、安全・安心に治すことができます。

トラブルが起こるのは、安いクリニックを選んだり、有名ではないクリニックで治療してしまうから。有名なのは、それなりの実績と評判があるからなんです。

ぜひ、当サイトでご紹介しているクリニックで「亀頭直下埋没法」か「複合曲線作図法」の包茎手術を受けてください。

安心・安全に包茎手術を受けられるクリニック一覧はコチラ

包茎というコンプレックスがなくなると自分に自信がもてるようになるし、日々の生活も解放的な気分になりますよ!

 

おすすめ包茎クリニックランキング

No.1 上野クリニック

上野クリニック

<手術料金>
仮性包茎・真性包茎・カントン包茎すべて同じ料金
ナイロン糸縫合:72,000円
吸収糸縫合:100,000円

実績・評判ともにNo.1の包茎クリニックです。
2015年の年間来院実績は12,000人以上!

痛みのない独自の麻酔システムと、自然な仕上がりを追求した「複合曲線作図法」という手術方式で、傷跡が目立たず性感帯も残す完璧な包茎手術が可能です。

全国15ヶ所展開。24時間無料相談サポートもあり、技術・サービスどれをとってもNo.1のクリニックです。

No.2 ABCクリニック

3万円からの包茎手術

<手術料金>
CSカット仮性包茎:30,000円(クランプ器具)
Sカット仮性包茎:70,000円(手作業)
Sカットカントン包茎:150,000円(手作業)
Sカット真性包茎:160,000円(手作業)

全国主要都市にクリニックを展開しているABCクリニック
「有名ではないけど、実績だけが自慢です」を売りにしていますが、包茎クリニック界では知名度も実績もトップクラスです。

最大の特徴は、手術料金の安さ。
公式サイトから3日前のWEB予約で、包茎手術が3万円、かつ全ての治療が30%OFFになるサービスがあります。

もちろん安くても治療技術は本物で、特に仮性包茎の手術に圧倒的な人気と実績があります。

No.3 東京ノーストクリニック

<手術料金>
切開切除術:70,000円
切らない治療:30,000円
他院修正:140,000円

全国の店舗展開数No.1!通いやすい包茎クリニックです。

通いやすいだけではなく、包茎手術の技術とアフターケア体制も充実しています。さらに、二重まぶたの美容整形技術を応用した「切らない包茎手術」を受けることもできます。

切開手術をする通常の包茎手術でも、痕が残らずキレイに仕上がるとの評判ですが、アフターケアの充実度については店舗によって差があるとの口コミもあります。

ただし、近場でキレイに包茎手術が受けられるのは間違いないので、できるだけ地元で安心して包茎手術をしたいという人にはおすすめのクリニックです。

 - 包茎手術の基礎知識, クリニックと泌尿器科の違い


ページ上部へ