1. ホーム
  2. 包茎の基礎知識
  3. ≫【包茎の治療方法】確実に治すなら包茎手術しかない

【包茎の治療方法】確実に治すなら包茎手術しかない

doctor_11

包茎の主な治療方法には

  • 包茎手術
  • 矯正治療

の2種類があります。

包茎手術はなんとなくわかるけど、矯正治療って何?自分でも治すことができるの?など、包茎の治療方法はわからないことも多いと思います。

包茎手術と矯正治療のメリット・デメリット。どんなときに手術を選択して、どんなときに矯正を選択すればいいのかなどご説明します。

包茎の手術

包茎手術は、包茎の治し方としてもっとも代表的な治療方法です。
病院の泌尿器科、美容整形外科、包茎専門のクリニックで手術を受けることができます。

一般的な手術方法

一般的な包茎手術は、「余っている包皮を切除する方法」です。

仮性包茎でも真性包茎でも、皮が長くて余っているため、亀頭まで常に皮がかぶった状態になり包茎となります。

余分な皮を切除・縫合して、包皮をちょうどいい長さにして亀頭を露出する方法が包茎手術です。

他には、主にカントン包茎で施術される「包皮の口を広げる方法」や、「包皮を剥いた状態で亀頭のところで止める方法」といった術式もあります。

真性包茎の場合、亀頭と包皮が固着していることもあり、その場合は包皮の除去だけではなく固着を剥がす手術も併せて行われます。そのため包茎のタイプによって手術料金が変わるクリニックが多いです。

包茎手術の種類と術式の違い
包茎手術の費用・料金の相場

病院やクリニックによって差がある

包茎手術は、病院やクリニックによって仕上がりに大きな差があります。
そのため、包茎手術をするときは、必ず包茎専門のクリニックを選んでください。

一般病院の泌尿器科の場合、包茎手術の目的が「健康面の影響を治すこと」なので、傷跡などの仕上がりについては、隠すような配慮をすることがあまりありません。そのため、包茎は治ったけど、傷跡が目立ったりツートンカラーになってしまったというケースがよくあります。

もちろん全ての泌尿器科がそうなるわけではありませんが、コンプレックスを治すための手術なのに、見た目に問題を抱える可能性があるのは絶対に嫌じゃないですか?

包茎専門のクリニックは、見た目にもこだわった包茎のプロです。
個人差のあるペニスの形や色でも、手術したことがわからないほどキレイな仕上がりになります。

「泌尿器科の方が安いから」とか「近くのクリニックがよかったから」などの理由でクリニックを選ばないでください。

キレイな仕上がりになるおすすめ包茎クリニックの一覧を見てみる

包茎の矯正治療

包茎の矯正は、器具を使ったりステロイド軟膏などを塗って治療する方法です。

矯正器具にもいろいろあり、自分で選んで自分で矯正できることから、手軽に試すことのできる包茎の治療方法とも言えます。

矯正器具について

矯正器具は

  • ペニスの根元につけて余っている包皮を捲くるリングタイプ
  • 亀頭の根元に接着液を塗って包皮を剥いて固定する接着液タイプ
  • 下着にリングが着いて履くだけで包皮が剥ける下着タイプ

などさまざまです。

ですが、矯正器具については、その効果は懐疑的です。

僕自身、包茎で悩んでいたこともあり、矯正器具を使っていた時期もありましたが、結局包茎は全く治りませんでした。

包茎の原因は「包皮が長くて皮が余っている状態」です。

包皮を捲ったり止めたりして、亀頭が出ている状態を常に作っておくのが目的ですが、包皮自体の長さは変わらないので、器具を止めると結局包茎に逆戻りしてしまいます。

10代の成長期なら効果があるかもしれませんが、成人してからの器具矯正はあまり効果がないと思ったほうがいいでしょう。

さらに、真性包茎などの場合、無理に剥いたり止めたりして、亀頭を傷つけたり炎症を起こしてしまうことがあります。自分でできるからといって、安易に矯正器具を使うことはおすすめできません。

ステロイド軟膏について

ステロイド軟膏による治療法は一定の成果が報告されています。

ステロイド軟膏を塗りながら時間をかけて徐々に徐々に剥くことで、包茎を治します。塗り薬なので、自分でも治療ができる手軽さがあります。

特に子どもの包皮を剥くときには、リスクも小さく怪我することなく剥くことができるので、固着を防いで真性包茎を防ぐ意味では効果があります。

ただし、包皮が余ることが原因の包茎、特に仮性包茎については効果はありません。
これも結局、包皮が短くなるわけではないので、長い期間で見ると、包茎が元に戻ってしまうことがほとんどです。

結局、どちらの治療方法がいいの?

本気で包茎を治したいのであれば、包茎手術しかありません。

器具による矯正もステロイド軟膏も、「包皮を剥く」「亀頭の露出に慣れる」という意味では効果がありますが、それ以上の治療効果はありません。

それでも自分でできる手軽さがあるので、気になる人は一度矯正を試してみるのもいいかもしれません。そのうえで効果がなければ包茎手術を受けてみてもいいでしょう。

ただし、矯正器具による治療は半年~1年かかるとも言われています。
その間、矯正リングや接着液をつけ続けるのか?といったら、いくら自分でもできるとはいえ、なかなか大変なことです。

包茎手術は約1時間。その日に手術してその日に帰ることができます。
手術した後、正常のペニスに戻るまでも1ヶ月程度なので、すぐに包茎を治したいのなら最初から包茎手術を受けることをおすすめします。

その日に包茎が治る!おすすめ包茎クリニックの一覧を見てみる

 

こちらからシェアできます

おすすめ包茎クリニックランキング

技術・安全性・アフターケア、すべてが高い水準のNo.1包茎クリニック!
上野クリニック
5
技術★★★★★
安心安全★★★★★
手術後ケア★★★★★
料金★★★★☆
通いやすさ★★★★☆
上野クリニック

「ひとつウエノ男になる!」で有名な上野クリニックです。

2015年の年間来院実績は12,000人以上!
全国の店舗で1日30人以上が包茎の悩みで来院する計算で、実績・評判ともにNo.1の包茎クリニックです。

痛みのない独自の麻酔システム。完全手作業で自然な仕上がりを追求した「複合曲線作図法」という手術方式で、傷跡が目立たず性感帯の機能も残す完璧な包茎手術が可能です。

全国15ヶ所に展開していて通いやすく、24時間無料相談のサポートもあり、手術後のアフターケアも充実しています。技術・サービスどれをとっても一流の内容です。

僕が真性包茎の手術を受けたのが上野クリニックです。

手術後のトラブルもないし、見た目も手術したことが全くわからないくらいキレイな仕上がりです。もちろん性感帯としての機能もそのままです。

トラブルなくキレイなチンコを手に入れたいなら上野クリニックで間違いありません!

ABCクリニック
包茎手術が3万円から!安くても技術は確かな包茎クリニック
ABCクリニック
4.5
技術★★★★☆
安心安全★★★★☆
手術後ケア★★★★☆
料金★★★★★
通いやすさ★★★★☆

「有名ではないですが、実績だけが自慢です!」を売りにしているクリニックです。

有名ではないと言っていますが、全国主要都市にクリニックを展開していて、包茎クリニック界では技術も実績もトップクラスのクリニックです。

最大の特徴は手術料金の安さ。

安さの理由は「広告費を抑えていること」と「3日前予約の3,30,3プロジェクト」のサービスがあること。公式サイトから3日前のWEB予約で、包茎治療が3万円、かつ全ての治療が30%OFFになるというサービスです。

もちろん安くても治療技術は本物で、特に仮性包茎の手術に圧倒的な人気と実績があります。仮性包茎の手術を希望する人には、ぜひおすすめしたいクリニックです。

東京ノーストクリニック
全国の店舗数No.1!安心して通いやすい包茎クリニック
東京ノーストクリニック
4.3
技術★★★★☆
安心安全★★★★☆
手術後ケア★★★☆☆
料金★★★★☆
通いやすさ★★★★★

全国の店舗展開数No.1!安心して通いやすい包茎クリニックです。

通いやすいだけではなく、包茎手術の技術と手術後の見た目のキレイさの評判も高いです。さらに、二重まぶたの美容整形技術を応用した「切らない包茎手術」を受けることもできます。

切開手術をする通常の包茎手術でも、痕が残らずキレイに仕上がるとの評判ですが、アフターケアの充実度については店舗によって差があるとの口コミもあります。

ただし、近場でキレイに包茎手術が受けられるのは間違いないので、できるだけ地元で安心して包茎手術をしたいという人にはおすすめのクリニックです。