包茎手術計画

おすすめの包茎クリニックご紹介!傷跡が残らない安心安全の手術

【包茎手術の時期】包茎手術は何歳から受けられるのか?

公開日:

ちんこの皮は、思春期を迎える13歳~17歳頃にむけてきます。個人差はありますが、18歳になっても亀頭に皮がかぶっている状態なら包茎と言えるでしょう。

「包茎を治したい!」と思っても自分で治すことはできません。包皮が長すぎるから皮がかぶって包茎になるのであって、手術で余分な皮を切除しない限り包茎は治りません。

参考:ちんこの剥き癖をつけると自分でも包茎は治せるのか?

包茎手術をするときに気になるのが「いつ(何歳)から手術は受けられるのか?」ということ。

包茎になるかどうかの目安が大体18歳だから、18歳以降がいいのか?それとも16歳とかでも皮がかぶっていれば包茎手術を受けることができるのか?そもそも未成年は手術を受けることができるのか?

今回は、包茎手術の時期(何歳から手術は受けられるのか?)についてご説明します。

包茎手術が可能な年齢

結論から言うと、包茎手術は何歳でも受けることができます。ただし未成年は親の同意が必要で、仮性包茎の場合は必ず手術が受けられるわけではありません。

順を追って説明します。

包茎手術は何歳でも可能

包茎手術は、手術をすること自体は何歳でも可能です。

例えば、真性包茎やカントン包茎が酷くて、勃起できない・勃起すると痛い・亀頭が締め付けられて壊死してしまうといった実害がある場合、大人になるまで待つなんてできません。

上記のような場合は、小学生でも中学生でも包茎手術を受けて治すことができます。もしあなたが小学生や中学生でそのような悩みを抱えているのなら、一度勇気を出して親に相談してみましょう。ひどくなる前に対策が必要です。

未成年は親の同意が必要

未成年の場合、手術を受けるためには親の同意が必要です。

見た目をキレイにするための仮性包茎の手術(美容整形手術)でも親の同意書を提出する必要があります。

真性包茎やカントン包茎で障害がある場合は仕方ありませんが、見た目をキレイにする仮性包茎の手術で親の同意書は、ちょっと抵抗ありますよね・・・

仮性包茎の場合はある程度年齢が必要

包茎手術自体は何歳でも受けることができますが、仮性包茎の場合はある程度の年齢になってからの方がいいでしょう。

前述したとおり、亀頭の皮がむけてくる時期というのは個人差があります。平均で13歳~17歳ですが、人によっては18歳を過ぎてから皮がむけてくる人もいます。自然とむけるはずなのに手術を受けるのは意味がありません。

包茎手術の適正年齢

上記のことを考慮すると、包茎手術を受けるためのベストな年齢は20歳~22歳です。

成人(20歳)を過ぎたほうがいい

成人(20歳)を過ぎれば親の同意書が必要ありません。やっぱり包茎手術で親に同意をもらうというのはできれば避けたいですよね。

また、20歳を過ぎれば、さすがにそこから皮がむけて包茎が治ることはありません。放っておいても包茎のままなので、早めに包茎手術を受けてしまいましょう。

社会人になる前に受けた方がいい

包茎手術を受けた僕の経験上、できれば社会人になる前に(もしくは社会人になって忙しくなる前に)包茎手術を受けた方がベストです。

包茎手術を受けた後は、行動がかなり制限されます。2,3日は痛みがあるし、1週間~2週間は違和感も大きいです。また、亀頭が外部の刺激にさらされて敏感な状態になります。僕の場合3ヶ月くらい「おおぅぅ~」という状態が続いて、激しい運動はできませんでした。

参考:包茎手術1ヶ月後から5年後の現在までの様子

社会人になるとなかなか自分の都合もつけにくいし、どうしても行動範囲も広くなります。通勤だけでも動くことになるし、出張などもあります。包茎手術を受けた後は、しばらく普通の行動も気になるんですよね。

もちろん僕のように、社会人になる前に包茎手術を受けるお金がないなら仕方ありません。また高校を卒業して働き出している人や専門学校の人は20歳になる前に社会人になることもあります。

ですが、もしお金を工面できるなら、成人したらできるだけ早いうちに、社会人として忙しくなる前に包茎手術を受けることをおすすめします。

できるだけ早めに包茎手術を受けましょう

包茎で悩んでいたりコンプレックスに感じているなら、できるだけ早めに包茎手術を受けましょう。悩んでいる時間がもったいないです。

今の包茎手術は技術が本当に進んでいます。包茎専門の美容外科クリニックで手術を受ければ、手術した跡が一切わからないくらいキレイな仕上がりになります。

違和感が残ったり何か後遺症が残る心配もほとんどありません。もちろん手術なので100%のことは言えませんが、何か違和感がある場合でも、クリニックが最後まで丁寧に処置してくれます。

包茎手術で納得いかない結果になってしまうのは

  • 体験談を読むなど事前の調査不足
  • 有名ではないクリニックを選んでしまう
  • 治療代は個人差がある

といった認識不足によるものです。

当サイトでは、包茎手術を受けた僕の体験談や手術料金(治療代金)などの相場についても詳しくご紹介しています。ぜひご参考にして包茎手術を受けてください。

包茎のコンプレックスのない生活は本当に解放的ですよ!

関連する参考記事

おすすめの包茎クリニック一覧はコチラ
管理人の包茎手術体験談はコチラ
包茎手術の費用・料金の相場はコチラ
包茎手術の追加の治療(見積り)についてはコチラ

 

おすすめ包茎クリニックランキング

No.1 上野クリニック

上野クリニック

<手術料金>
仮性包茎・真性包茎・カントン包茎すべて同じ料金
ナイロン糸縫合:72,000円
吸収糸縫合:100,000円

実績・評判ともにNo.1の包茎クリニックです。
2015年の年間来院実績は12,000人以上!

痛みのない独自の麻酔システムと、自然な仕上がりを追求した「複合曲線作図法」という手術方式で、傷跡が目立たず性感帯も残す完璧な包茎手術が可能です。

全国15ヶ所展開。24時間無料相談サポートもあり、技術・サービスどれをとってもNo.1のクリニックです。

No.2 ABCクリニック

3万円からの包茎手術

<手術料金>
CSカット仮性包茎:30,000円(クランプ器具)
Sカット仮性包茎:70,000円(手作業)
Sカットカントン包茎:150,000円(手作業)
Sカット真性包茎:160,000円(手作業)

全国主要都市にクリニックを展開しているABCクリニック
「有名ではないけど、実績だけが自慢です」を売りにしていますが、包茎クリニック界では知名度も実績もトップクラスです。

最大の特徴は、手術料金の安さ。
公式サイトから3日前のWEB予約で、包茎手術が3万円、かつ全ての治療が30%OFFになるサービスがあります。

もちろん安くても治療技術は本物で、特に仮性包茎の手術に圧倒的な人気と実績があります。

No.3 東京ノーストクリニック

<手術料金>
切開切除術:70,000円
切らない治療:30,000円
他院修正:140,000円

全国の店舗展開数No.1!通いやすい包茎クリニックです。

通いやすいだけではなく、包茎手術の技術とアフターケア体制も充実しています。さらに、二重まぶたの美容整形技術を応用した「切らない包茎手術」を受けることもできます。

切開手術をする通常の包茎手術でも、痕が残らずキレイに仕上がるとの評判ですが、アフターケアの充実度については店舗によって差があるとの口コミもあります。

ただし、近場でキレイに包茎手術が受けられるのは間違いないので、できるだけ地元で安心して包茎手術をしたいという人にはおすすめのクリニックです。

 - 包茎手術の基礎知識, 適正年齢


ページ上部へ