1. ホーム
  2. 包茎手術の基礎知識
  3. ≫【包茎手術の詳細】当日の様子とアフターケアについてご紹介

【包茎手術の詳細】当日の様子とアフターケアについてご紹介

ope_01

包茎手術の具体的な内容をご紹介します。

包茎手術はクリニックの違いや、採用する術式によって内容が異なります。

包皮を除去する手術方法で、今現在の主流となっている術式は

  • 環状切開法
  • 亀頭直下埋没法
  • 複合曲線作図法

となってます。
さらに詳しい包茎手術の術式を見てみる

内容が異なるので手術にかかる時間が変わりますが、基本的な流れは変わりません。

手術当日のカウンセリングで担当医師からも説明があると思いますが、事前に手術の内容を知っておけば不安も軽減できると思いますのでご参考にしてみてください。

包茎手術の具体的な内容

包茎の診断、カウンセリング

予約当日にクリニックに行くと、まずは包茎の診断とカウンセリングを行います。

ここで、

  • 包茎の種類の確認
  • どのような手術と治療が必要か確認
  • 料金の説明
  • 手術の流れの説明
  • 質疑応答

などが実施されます。
さらに詳しいカウンセリングの内容を見てみる

カウンセリングが滞りなく済み契約すると、すぐに包茎手術に入ります。クリニックによってはカウンセリングだけ受けて、手術は後日でもOKのところもあります。

手術の準備

ズボンとパンツを脱いで手術台に横になります。
クリニックによっては、専用の手術着に着替えることもありますが、だいたいは上半身はそのままで大丈夫です。

ペニスとその周辺(Vゾーン)を消毒します。
陰毛(アンダーヘア)が邪魔になる場合は、その場でカットする場合があります。剃毛(陰毛を剃る)することはまずありません。

ペニスを消毒したら、穴の開いた滅菌シートにペニスを通して手術の準備は完了です。

手術の詳細

ペニスに麻酔を打ちます。

包茎手術で使用される麻酔は「表面麻酔」か「抹消神経ブロック」という方法が採用されます。どちらも局所麻酔になりますが、麻酔クリームなどクリニックによって方法が異なります。

基本的には「注射で打つ局所麻酔」で手術を行います。この注射を打つときに痛みがある場合があります。

僕が包茎手術を受けた「上野クリニック」では、痛みを最小限に抑えるために

  • スプレー式基礎麻酔
  • 深部冷却
  • 極細針の麻酔注射

という3段階の麻酔システムを採用しています。

だいたい2,3分で麻酔が効いて感覚が無くなります。

感覚が無くなったら、ペニスの勃起時の長さを想定して、切除する包皮の長さを計測、マーキングします。

マーキングが終わったら実際の手術です。

手術時間は術式によって異なります。亀頭直下埋没法や複合曲線作図法など、医師の完全手作業で行う手術の場合は、だいたい50分~1時間くらいかかります。その間、感覚は全くないので何かやられている感じはありません。手術台の上を眺めていましょう(笑)

僕の担当医師は、包皮を切除するときと縫合するときに
「今切除しました」
「縫合します」
「あと10分くらいで終わりますからね~」
と声をかけてくれました。

縫合が終わり、薬を塗って、包帯を巻いたら手術終了です。
包帯は、ペニスの先端がちょっとだけ出た状態で巻かれるので、排尿(おしっこ)は問題なくすることができます。

手術後(アフターケア)

手術後は、だいたい以下のような流れになります。

  • 翌日~2日後:シャワーOK(患部を濡らさないように)
  • 2週間後:抜糸(吸収型の糸の場合は抜糸も無し)
  • 1ヶ月後:運動、セックスOK

平均的な流れで、術後の経過には個人差があります。人によっては患部の傷口の治りが遅く、1週間くらい血が滲んだり、2ヶ月経ってもセックスに違和感がある人もいます。

手術でメスを入れているので仕方ない部分はありますが、どんな人でも半年くらい経てば元どおりの正常なペニスに戻るので、焦らずゆっくり経過を見守ることも重要です。

手術後の包帯の交換

手術後の包帯の交換や薬を塗る作業は自分で行います。

事前にクリニックから説明があるので、説明や注意事項をしっかり守りましょう。

ものぐさをして包帯を交換しなかったり薬を塗らないと、患部から細菌が入ったり傷口の治りが遅くなったりするので、必ず言われたことは守りましょう。

手術後のアフターケア

ご存知のとおり、ペニスは伸び縮みするので、傷跡の治りも時間がかかります。セックスやオナニーなど、直接ペニスに触れる行為は、傷口が完全に回復してからするようにしましょう。ただし、自然に起こる勃起は大丈夫です。

当サイトでご紹介しているクリニックは、365日体制でアフターケアを採用しているので、心配ごとや困ったことがあったら、ちょっとしたことでも連絡すれば安心です。

僕が包茎手術を受けた「上野クリニック」も365日体制のアフターケアです。

僕の場合、手術後に患部の包皮がブヨブヨに腫れる症状が起こりました。

心配になって電話で確認したところ

  • 患部に血が溜まっている状態
  • 2週間くらいは続く
  • 自然と徐々に治まっていく
  • それでも不安ならいつでも来院してよい

という内容を親切に説明されて安心したのを覚えています。
ブヨブヨ状態は、電話で説明されたとおり2週間くらいで自然と治まりました。

包茎というデリケートな部分を扱う手術なので、こういったサポート体制が整っていることも、クリニック選びの重要なポイントだと思いますよ。

サポート体制が整っている包茎クリニックの一覧を見てみる

 

こちらからシェアできます

おすすめ包茎クリニックランキング

技術・安全性・アフターケア、すべてが高い水準のNo.1包茎クリニック!
上野クリニック
5
技術★★★★★
安心安全★★★★★
手術後ケア★★★★★
料金★★★★☆
通いやすさ★★★★☆
上野クリニック

「ひとつウエノ男になる!」で有名な上野クリニックです。

2015年の年間来院実績は12,000人以上!
全国の店舗で1日30人以上が包茎の悩みで来院する計算で、実績・評判ともにNo.1の包茎クリニックです。

痛みのない独自の麻酔システム。完全手作業で自然な仕上がりを追求した「複合曲線作図法」という手術方式で、傷跡が目立たず性感帯の機能も残す完璧な包茎手術が可能です。

全国15ヶ所に展開していて通いやすく、24時間無料相談のサポートもあり、手術後のアフターケアも充実しています。技術・サービスどれをとっても一流の内容です。

僕が真性包茎の手術を受けたのが上野クリニックです。

手術後のトラブルもないし、見た目も手術したことが全くわからないくらいキレイな仕上がりです。もちろん性感帯としての機能もそのままです。

トラブルなくキレイなチンコを手に入れたいなら上野クリニックで間違いありません!

ABCクリニック
包茎手術が3万円から!安くても技術は確かな包茎クリニック
ABCクリニック
4.5
技術★★★★☆
安心安全★★★★☆
手術後ケア★★★★☆
料金★★★★★
通いやすさ★★★★☆

「有名ではないですが、実績だけが自慢です!」を売りにしているクリニックです。

有名ではないと言っていますが、全国主要都市にクリニックを展開していて、包茎クリニック界では技術も実績もトップクラスのクリニックです。

最大の特徴は手術料金の安さ。

安さの理由は「広告費を抑えていること」と「3日前予約の3,30,3プロジェクト」のサービスがあること。公式サイトから3日前のWEB予約で、包茎治療が3万円、かつ全ての治療が30%OFFになるというサービスです。

もちろん安くても治療技術は本物で、特に仮性包茎の手術に圧倒的な人気と実績があります。仮性包茎の手術を希望する人には、ぜひおすすめしたいクリニックです。

東京ノーストクリニック
全国の店舗数No.1!安心して通いやすい包茎クリニック
東京ノーストクリニック
4.3
技術★★★★☆
安心安全★★★★☆
手術後ケア★★★☆☆
料金★★★★☆
通いやすさ★★★★★

全国の店舗展開数No.1!安心して通いやすい包茎クリニックです。

通いやすいだけではなく、包茎手術の技術と手術後の見た目のキレイさの評判も高いです。さらに、二重まぶたの美容整形技術を応用した「切らない包茎手術」を受けることもできます。

切開手術をする通常の包茎手術でも、痕が残らずキレイに仕上がるとの評判ですが、アフターケアの充実度については店舗によって差があるとの口コミもあります。

ただし、近場でキレイに包茎手術が受けられるのは間違いないので、できるだけ地元で安心して包茎手術をしたいという人にはおすすめのクリニックです。